令和元年8月21日(水) 第16回実行委員会議報告

令和元年8月21日(水)第16回実行委員会会議がありましたので、報告いたします。
場所は労働福祉文化会館。開始19:00。
植木(栄)実行委員長が作成した議事録を元に作成しています。

出席者

順不同。旧姓で掲載しています。

39回生

  1. 植木(栄)
  2. 友野
  3. 野相
  4. 佐々木(巧)
  5. 植木(伸)
  6. 田辺
  7. 二場
  8. 西野
  9. 白石
  10. 藤本
  11. 神代
  12. 今門
  13. 柳瀬
  14. 帆足
  15. 仲江
  16. 村崎
  17. 藤丸
  18. 大塚(明)
  19. 井原
  20. 古賀
  21. 長嶋
  22. 高瀬
  23. 津川

55回生

  1. 青柳
  2. 井手本
  3. 熊木
  4. 矢野
  5. 松木

39回生24名、55回生5名、合計29名の出席です。

1.広告委員会からの報告

  • 協賛金の集金状況(8月20日現在)
    • 誌面広告1125口5,625,000円
    • 立看板71本355,000円
    • 寄付21件481,000円
    • 合計6461,000円
  • 誌面広告データの締切日は8月末 (今門君へのデータ送付期限)
  • 入金の締切日は9月20日(現金は田辺委員長に持参のこと)
  • 立看板は9月でも申込可能だが設置期間が短くなる。

僕が遅れて出席したため、写真は次の記念誌編集委員会からの報告からしかありませんm(__)m

2.記念誌編集委員会からの報告

ちょうど僕が到着した時に記念誌実行委員会の二場君の報告中で、記念誌表紙のデザインを多数決していました。

多数決を行っデザイン案2つ。ぱっと見、違いがわからないでしょ?

多数決の結果、左のデザインに決定しまいした。

その他の報告は以下の通り

  • 裏表紙は『令和』
  • 岳陽会長、校長など挨拶の原稿は入手済み。
  • 恩師の、村山先生、奥畑先生、磯野先生からも原稿を入手。
  • 岡君の記念講演は、生徒の感想文と合わせて14頁になる見込み。

3.総務委員会からの報告

  • 幹事総会でのチケット販売により、385枚で1347500円の売り上げ。目標は800枚で2800000万円なので、各期の幹事に働きかけを継続する。
  • 例年、各期に割り当てた座席数と実際の参加人数が異なり、席が足りないなど苦情が出ているので、今年度はギリギリまで各期の幹事に確認を取る。(弁当発注の締切日との兼ね合いに注意)
  • 高校への各依頼文書(施設・物品借用、吹奏楽部演奏、体育科備品など)を作成、提出予定。
  • 鎮西公園臨時駐車場借用願いは植木栄作成、野相事務局長対応。
  • 恩師への招待状は、3年次の正副担任全員に出す予定。(植木栄対応)

4.奨学会寄付者への返礼品(手拭い)について

仲江陽子画伯デザイン案について意見交換。微調整し、次回会議で決定。

こちらが仲江陽子画伯のデザイン画。味があってすごくいいと高評価でした。
これ以後、仲江陽子さんは「画伯」と呼ばれることになりました。

デザイン画は黒字に白ですが、地色を緑にする予定です。

5.総会タイムスケジュールについて

  • 8月17日の幹事総会で、実行計画が承認された。総会当日のタイムスケジュールは別添のとおり。
  • タイムスケジュールに合わせて、シナリオを作成する。

6.その他

  • 手嶋多一君からのメッセージを貰うのは厳しい状況だが、再度連絡を取ってみる。
  • 38回生作成の大吟醸『水平線上の突起』の販売は幹事総会で承認を得た。総会当日、会場の外で38回生が販売を行うこととなる。
  • 総会まであと2ヶ月余り。今後、総会当日の役割や運営の細部を詰めていく必要がある。総会運営委員会を近日中に開催して、課題等を整理し全体会議に諮りたい。

◼️次回会議

9月11日(水)19時〜

その他、会議の様子をギャラリー形式で掲載します。

会議終了後、各委員会での話し合いが始まりまして、こちらのほうが活発だったりします。

記念誌編集員会の皆様。大詰めです。

15+

コメントを残す