令和元年10月11日(金)ステージ・音響・照明リハーサル

10月11日(金)18:00からステージ・音響・照明のリハーサルを行いました。

場所は、もちろん田川高校の母校80周年記念講堂です。

  • ステージ・音響・照明機材の使い方の確認。
  • 動画を投影するスクリーンとプロジェクターの設置位置の確認。
  • 動画を再生するプレイヤーとミキサー卓とプロジェクターの配線の確認。
  • 設置スピーカーの音量のチェックと持ち込みスピーカーの効果およびイコライジングのテスト

「リハーサル」と銘打ってますが、「ステージ・音響・照明リハーサル」なので、今回実施したのは、以下の内容です。

参加者です。(順不同・敬称略。旧姓で掲載)

39回生

  1. 植木(栄)
  2. 友野
  3. 熊本
  4. 藤本
  5. 野相
  6. 二場
  7. 西野
  8. 佐々木(巧)
  9. 白石
  10. 田辺
  11. 佐藤(清)
  12. 吉岡
  13. 高瀬
  14. 柳瀬
  15. 帆足

55回生(本日のメイン)

  1. 青柳

計17名の参加。

ステージ周りの担当者以外も参加があり、そちらはそちらで打合せを実施していました。(あまり、写真を撮ってないですけど)

では、ステージ・音響・照明リハーサル の様子です。

記念講堂に私が到着したのは、ちょっと遅れて18:10

講堂では、バドミントン部が練習してました。

既に、始まってました。

まずは、舞台装置の説明から。

説明をしてくださるのは、放送部の先生のこちらの方。

まずは、照明や看板などを吊っている棒(バトン)の操作について

この照明やスクリーンや国旗なんかを吊っている棒を「バトン」というそうです。

舞台装置の操作は、舞台の下手にあります。 下手は舞台の右側(客席から見て左側)です。

続いて、 えーと これは何だったっけ? たしか照明だったはず。

何やら、打ち合わせ中のようです。

プロジェクターを設置してみます。

どこに置く?ステージの上?下?

「今回は、校旗入場の前に動画を流す予定ってことは、ここに演台があるよね?」って話だったと思います。

36回生の先輩のブログのこのページを見ると、校旗入場の時にはステージの中央に演台もあるし、花もありますよ。
28年度岳陽同窓会総会の報告⑪総会当日本番~Part2

ということで、今回は解決できてないですよね。たしか。

いいかねパレットの青柳君(55回生) 到着

前年、後ろのほうまで音が届かいないってことだったので、講堂備え付けのスピーカーに追加で、スピーカーを設置してみてはどうかって話で、いいかねパレット(株式会社Book)所有のアンプとスピーカーを持ってきました。

まずは、備え付けの音響機材の確認から

ワイヤレスマイクの受信機はこれ。
なにがどのチャンネルに繋がっているか説明を受けます。
記録用の写真を撮ります。
自分でいじって確認

動画のデータ作成の吉岡君到着

しかし、パソコンを持って来てない?

USBメモリしか持って来てないけど...
神代名誉会長にダメだしされる吉岡氏
藤本家からパソコンを持って来ようや。
パソコンは藤本氏の車の中にあったそうで、それを借ります。
野相氏が接続

「藤本のパソコンやき、変なものが映らせんやろうな?」とゲスな話題で爆笑する面々(俺含む)。

DVDプレイヤー(音源)・ミキサーとの配線の確認

時間は19:00を回りました。

接続端子の写真を写して、記録。

「 プロジェクターにRCA(ピンプラグ)の映像入力端子があるのでDVDプレイヤーはPCでもデッキでもどちらでもいいが、音はプレイヤーからミキサーに送るので、プライヤーはミキサーの袖に置いて、映像をRCAでプロジェクターに繋ぎましょう。なのでRCAの長いケーブルが必要ですが、あれ弱いですもんね」ってな話だった思う。(間違ってたらごめん)
となると、プロジェクターを中央でなく横に置くなら、ミキサーに近い下手側に置くほうがいいよね。

映像を流すときに演台はどうするか?って話でしたよね?

「映像を流すときは、演台を除けますか?」「定位置にすぐに戻せるようにバミリを貼りましょう」

バミリって何?(植木伸)
何やら、何かを仕込んでいる吉岡君
司会担当の高瀬さんとタイムキーパー担当の佐々木(巧)
これは、何を話してるのかな?
何を指さしているのか?
これは、何をチェックしてるんだったっけ?映写の位置だったっけ?

何やら仕込んでた吉岡君は、動画の撮影をしていました。動画を見ると、ステージ音響のリハーサル以外に、いろいろと打ち合わせをしていることがわかります。

野相さんがマイク持ってマイクと音量チェックを始めましたが、

せっかく司会者の高瀬さんがいることだし、実際にマイクを使う場所で、実際にマイクを使う人の声でチェックしたほうがいいでしょ?ってことで、高瀬さんにしゃべってもらいました。

司会者の立ち位置はここなので、スピーカーとマイクが近いのでハウリングしやすいのではないか?と懸念しましたが、それほどでもないようでした。
高瀬さんのアナウンスを聞いたけど、さすがです。うつくしいですよ!
総会運営委員は式次第とかドリンクメニューとかの張る場所と大きさなんかを確認してます。
ヤンキー座りが板につきすぎ

ここで、持参したアンプとスピーカーを試してみましょうかってことでセッティング。時間は19:30

鳴ってる?

鳴ってる、鳴ってる

こっから、いろいろとイコライジングを試してみます。

講堂が使える8時まで、残り10分です。
とりあえず、今日はこの辺で。お疲れ様。

持ち込んだスピーカーを、どのように使うかは、今回は結論が出ずです。

撤収

本番は講堂に800人はいるわけで、人がほとんどいない状態と800人入った状態では全然音の鳴りが違うんでですね。結局は、本番でないとわからないことが多いと思います。今回は卓のセッティングの確認と箱の音鳴りの癖を確認したってところだと思いますが、それでも本番のトラブルに臨機応変に対応するためには必須のことです。

ライブハウスとか音響さんならば 、何度も同じ場所でするわけで、同じ環境で何回も失敗を経験をしるので、 基本の設定は出来上がっているんですよ。なので、今回のように初めての場所で1回限りの状況に比べると随分簡単なんです。

同窓会総会の当番期を経験するのは1回限りなので、失敗を経験してブラッシュアップはできない。ということは経験者である先輩から学ぶことが重要なんですよね。

青柳君の仕事の上司であるいいかねパレット(株式会社Book)の代表の樋口聖典君は52回生で3年前(つまり、平成28年度)の総会の副当番で、その時に音響の担当をしています。なので、音響・ステージの注意点については、青柳君が樋口聖典君から引き継ぐことができるので、いろいろと情報収集をして確認しておくとのことです。(これは非常に頼もしいです)

今後のリハーサルの予定

今後10月19日(土)3:00 PMから と 10月25日(金)8:30 AMからの合計2回が予定されています。

それぞれの日に、何をリハーサルするの決めて、計画的に準備を進めて行きたいと思います。

6+

コメントを残す